日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(1)
元気系(14)
いやし系(4)
恋愛系(212)
バカップル系(1)
グチ系(1)
オシゴト系(2)
ちとエエ話系(1)
秘密系(5)
不幸系(13)
闘病系(1)
オトナ系(1)
香り。
巣立ち。
喜ぶ顔が...
クリスマ...
クリスマ...
平気。
新しぃ人...
忘れかけ...
行かなぃ...
足りなぃ...
苦痛
新しぃ恋...
感情のム...
恋愛持続...
芽吹き。
春が来る...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

  forget me not「香り。」
りぃ
りぃとりあえず系元気系いやし系恋愛系バカップル系グチ系オシゴト系
ちとエエ話系秘密系不幸系闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆32才 1986(昭和61)年6月4日(双子座) 新潟在住 学生 土日祝日休み 独身 ◆離婚経験無し ◆子供無し 車無し お酒を飲める 喫煙する作家QRコード
作家QR
 コード 
私を忘れなぃで‥。
 
2018年9月
      1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
      

→最初の日記
→全部で256日記

香り。

ぁなたのぃる場所がゎからなくて電話をする。

もしもし?」
「どこにぃるの~?」
「トイレの近くの椅子だよ?」
「ぅ~ゎかった~」
電話を切って再び駅の中を探す。それでもゃっぱりゎからずにまた電話をかける。
もしもし?」
「ぅ~ゎかんなぃ~」
「改札出る前のところだよ?」
「ぁぁ!私もぅ出ちゃったょ!」
「じゃあ俺も出るからちょっと待ってて。」
「ぅん!ゎかった!」
電話を切り、そばにぁった掲示板をぼ~っと見る。すると、横目でぁなたが近づぃて来るのがゎかった。でも気づかなぃフリ。
「お疲れ。」
ぉ疲れ~
少し照れくさくて緊張する。でも友達が待ってぃるのですぐに歩き出す。
「どこで待ってるの?」
「家の前にいるってさ。」
「そっかそっか。‥体は?大丈夫?」
「うん。それがなんかわりといいみたいなんて!」
「まじで!?ょかったぁ~」

雨が降ってぃたので、途中で傘を買ぃ、男友達と合流してぃつもの居酒屋へ向かぅ。
「てかお前ら遅すぎ!」
「ごめん~。」
「ぁ、ごめんそれは私が悪ぃんだ。駅の中で迷子になっちゃって‥。」
「そうなんて~。」
「まじで!?」
「はぃ~。」

居酒屋に入り早速乾杯。
「何に乾杯?」
「俺退院おめでとう!!」
『かんぱ~い!!』

「俺でも医者に酒もだめって言われたんだよね。」
はッ!!??」
「これで飲んだらもう知らねーって言われたし。」
はッ!?ぉ前なに飲んでんの!?」
「大丈夫だよ。俺よくなってるもん。なんなら芋もいく?」
「‥はぃ、今日はぉ酒これで終ゎりね。」
「まじで~。大丈夫だって~。」

それでも元気そぅな顔を見れて一安心。そして十時頃に居酒屋を出て友達と別れた。

「さて、帰る?」
「ぃぃぇ、今日は聞かなきゃぃけなぃことがぁりますので。」
前回会った時に教ぇてくれなかったことがぁった。次に会った時に話すと言って別れたのだ。
「‥はい。」

とりぁぇずカラオケへ向かぅ。終電がぁるので一時間だけにすることに。
何か飲む?」
あ、はい。
「何がぃぃ?」
「ぁ、何でもぃぃです。」
ドリンクバーから適当に持ってきて部屋に戻り、すぐに音量を最小にしてコートを脱ぃだ。
「ベルトがついてるんね。」
私のオニューの服を見てぁなたは言った。最近流行りのデザインだ。ちゃんとそぅぃぅところに気づぃてくれるところがすごく嬉しぃ。

そして本題に入るため、ぁなたの隣に座る。
「はぃ、どぅぞ?」
「はぁ~‥。」
渋々ながらも話し始める。前に言ってた時ょりだぃぶ簡略化されてる気がするけど、まぁぃっか。

そして、
カメラがぁるのはゎかってても、想ぃを止めることは出来なかった。
ぁなたの唇が私の唇に触れた後、そのまま首へ向かぅ。
「お前いい匂いがするよ?」
「本当に?香水付けてなぃょ?」
「ううん、香水の匂いじゃない。フェロモン?」
「ぁはは。まさか~。」
「‥お前本当にいい匂いするよ!?まじでわかんねぇの!?」
「ゎかんなぃょ~」
「特にここの耳の後ろがすごくいい匂いする。」
「ふふ。本当~?」
「ん~‥。」
そのぅちぁなたは喋らなくなり、ひたすら私の首の匂ぃを嗅ぃでぃた。

と、そこに部屋の電話が鳴る。ぁなたはハッと我にかえった。時間なので支度をする。
「あ~やばかったわ!!理性がぶっ飛んでたわ。」
「そっかそっか。」

カラオケを出て駅へ向かぃ、時間になるまで駅の中の椅子に座って待つ。
「お前の首まじでヤバいなぁ~。」
そぅなん?」
そぅ言って自分の首をぁなたの顔に近づける。
「りこだめだて~!!」
それでもぃつの間にかぁなたはもぅ私の首に夢中。わりと人目を気にするぁなたなのに、今日はもぅぉかまぃなし。

と、そこへ終電発車のアナウンスが流れる。二人で走ってホームへ向かった。

ぃつも飲んだ後は私からメールをするんだけど、その日家に帰ると珍しくぁなたからメールが来てぃた。どぅゃら私の首にメロメロになってくれたらしぃ。

少しでもぁなたに好かれる部分ができて
嬉しくて嬉しくて仕方なかった。
 
write: 新潟市/新津近辺恋愛系日記■■2006.11.27■■
つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています